会社情報


ヘルスケア事業

ヘルスケア イノベーションを推進する佐藤製薬では、スイッチOTC薬を中心とした要指導医薬品など効果の高い医薬品や、生活者のニーズに合わせて差別化された第二類・第三類医薬品の開発に力を注ぎ、幅広い薬効のOTC医薬品を提供しています。同時に、サプリメントや化粧品などのより生活に身近な領域においても高品質な製品の提供に努めています。

主力ブランド ユンケル、ストナ、アセス、リングルアイビー

 ヘルスケア事業は、ヘルスケア イノベーションの推進に努める佐藤製薬の主力事業です。製品数は約300品目にのぼり、OTC医薬品を中心に指定医薬部外品、サプリメント、特定保健用食品、化粧品まで、ヘルスケアに関する幅広い領域をカバーしています。製品開発においては、長年培われた経験と最新の技術をもとに、生活者のニーズを的確に捉え、配合成分はもちろん、味や使用感、剤形、容器など、様々な視点で製品設計に取り組んでいます。
 OTC医薬品の主力製品としては、生薬の特性を活かした滋養強壮ドリンク「ユンケル」シリーズ、トップシェアを占める歯肉炎・歯ソーノーロー薬「アセス」シリーズ、2016年8月に処方強化したかぜ薬「ストナ」シリーズ、液体inカプセルで女性ユーザーに支持される鎮痛薬「リングルアイビー」シリーズ、そして「レバウルソ」シリーズなどの各種ビタミン・栄養剤があります。


多様なニーズに応えるOTC医薬品のラインナップ

市場のニーズを捉えたスイッチOTC、ダイレクトOTCの開発

 市場のニーズやトレンドを見据えた、付加価値の高い製品の研究・開発も進めている佐藤製薬では、新製品を順次投入しています。2016年12月にはステロイド点鼻薬「ナザールαAR0.1%」を発売しました。
 また2017年1月より施行される「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」の対象となるスイッチOTCの製品パッケージには、共通認識マークを表示し、ホームページにも掲載。様々なかたちでセルフメディケーション推進に向けた普及活動にも取り組んでいます。今後もニーズに即した特長のあるスイッチOTC、ダイレクトOTCの開発を推進していきます。


スイッチOTC製品

生活者に愛され、信頼されるブランドの育成

 様々なライフスタイルの中で生じるからだの悩みやニーズを柔軟に捉え、鼻炎薬「ストナリニ」「ナザール」や外用消炎鎮痛薬「サロメチール」、便秘薬「サトラックス」など、独自性の高い製品を数多く市場へ送り出し、生活者のセルフケアに貢献しています。
 今後も既存ブランドにおける新製品や、製薬メーカーとしての技術を活かした機能性表示食品など、生活者のニーズに合った製品開発を進めていきます。


その他主力製品

ユンケルローヤルシリーズの拡充

 発売以来、一貫して高いニーズが寄せられている「ユンケル」シリーズでは、若年層の利用頻度の高いコンビニエンスストア向けに、指定医薬部外品「ユンケルローヤル」シリーズを販売しています。「ユンケルローヤル200」や「ユンケルローヤル・C2」「ユンケルローヤル錠」などラインナップ拡充に力を入れるとともに、よりセグメント化された新しい製品開発を推進。
 多様化が進むライフスタイルを考慮し、コンビニエンスストアだけでなく、スーパーマーケットなどの市場も視野に入れてユンケルユーザーの拡大に努めています。


ユンケルローヤルシリーズ

医薬品のノウハウを活かしたエイジングケア化粧品の充実

 医療技術から生まれた高機能エイジングケア化粧品「エクセルーラ」は、自社開発の独自成分を採用し、2009年の発売以来高い評価をいただいています。より幅広いニーズに応えられるように2016年にラインナップを拡充、リニューアルしました。
 また、先進医療技術を応用し、内側からのエイジングケアをサポートする「サトウ」ブランドや、フランスから導入、販売している「ユリアージュ」ブランドも利用者から高い評価を得ています。

一般用医薬品セルフメディケーション振興財団

セルフケアの推進を掲げる佐藤製薬は、講演会や啓発活動、国内外における調査研究などの助成事業を通して生活者の健康を支える環境づくりに力を注いでいます。

セルフケア振興のため「OSPF」で助成事業を推進

 佐藤製薬名誉会長・佐藤進の寄付によって設立された公益財団法人「一般用医薬品セルフメディケーション振興財団」(OSPF)は、講演会や啓発活動などを通してセルフケアの進展に貢献しています。
 2017年10月には、「第12回一般用医薬品セルフメディケーションシンポジウム」が開催されました。今回は、応募件数66件の中から厳正な審査の結果、調査・研究助成15件、啓発事業等助成3件の、合計18テーマが助成対象に選ばれ、各代表者に目録が授与されました。
 第12回を迎える一般用医薬品セルフメディケーションシンポジウムでは、消化器内科のスペシャリストである島根大学医学部内科学講座第二 木下芳一教授による「胃酸関連疾患の時代変遷と治療法の変化」と題した基調講演が行われました。
 その後、パネルディスカッションでは、東京薬科大学薬学部教授・渡辺謹三氏を座長に、「地域包括ケアシステムにおけるセルフメディケーションの担う役割」をテーマに、地域包括ケアにおける健康サポート薬局の果たすべき役割について活発な意見が交わされました。
 今後も各種研究会、講演会、啓発活動、国内外における調査研究など、様々な助成事業を通して、生活者が疾病の予防と治療に進んで参加できる環境づくりを目指します。


[公益財団法人 一般用医薬品セルフメディケーション振興財団] http://www.otc-spf.jp/

APSMIの活動を通じアジアのセルフメディケーション環境を醸成

2010年11月に、APSMI(アジア太平洋セルフメディケーション協会)が設立され、初代会長を代表取締役社長・佐藤誠一が務めました。
APSMIが掲げるビジョンは、アジア地域における公式協会としてセルフメディケーション環境の醸成に努めることです。2014年にはAPSMIの主導により、Self-CARER(アジアOTC行政官円卓会議)が立ち上げられ、域内の規制調和に向けた議論が進められています。