会社情報


研究開発

研究開発部門は東京・品川区の品川研究開発センターに集約されています。新研究棟、製剤研究棟など6棟の施設に、研究企画室、創薬研究部、医薬研究部、製剤研究部が置かれ、新薬創出に向けて研究活動に取り組んでいます。

最新技術で創薬研究の体制を強化 医療ニーズに即した新薬の開発

 品川研究開発センターに集約された研究開発部門では、医療用医薬品、OTC医薬品、医薬部外品、化粧品、特定保健用食品など、既成のカテゴリーにとらわれず、生活者のニーズを捉えた付加価値の高い製品の研究・開発に、積極的に取り組んでいます。創薬テーマごとに各部門の研究員がプロジェクトに参画し、新規化合物の合成、生物学的スクリーニング、薬理・薬物動態学的評価など新規医薬品の創製に向け、活発な研究活動を展開しています。医療分野における様々なニーズに応えるため、最先端の技術や治験に基づいた独自性の高い新薬および高品質なジェネリック医薬品の研究開発を進めています。また、動物実験実施施設として関係法規および指針等に従い社内規程を策定し、定期的な自己点検を行うとともに、外部評価としてヒューマンサイエンス振興財団による認証を取得しています。動物実験実施計画は動物実験委員会によって審査され、動物福祉に配慮した適正な試験を実施しています。

国内外のアカデミアとの共同研究を推進

 創薬に向けて、国内外の企業、大学、研究機関との共同研究にも積極的に取り組んでいます。
 慶應義塾大学、信濃町キャンパスのリサーチパーク内に筋生物学・サルコペニア研究室を設立し、同大学と、加齢に伴う筋萎縮「サルコペニア」の共同研究を進めています。超高齢化における最重要課題の一つである筋肉機能(筋肉や身体機能)の低下など、サルコペニア発症のメカニズムを分子、細胞レベルで研究するとともに、将来の創薬を見据え、サルコペニアに関連する因子や治療薬の標的分子などの探索に注力しています。
 さらに、九州大学との脂質代謝関連酵素に関する共同研究がスタートし、スパコンを用いた解析を行うなど、創薬直結の基礎研究を活発化しています。

より効果的に、使いやすく。独自の剤形開発と生薬の成分研究

 薬の利便性を向上させる新剤形の製剤設計の研究や、安全性と効果を高める研究も重要なテーマのひとつです。例えば、水なしで服用できる口腔内崩壊錠など独自の剤形開発に成功し、自社製品に応用しています。
 また生薬研究では、生薬個々の成分について、分析法や独自の研究データを活用し、新たな製品開発に取り組んでおり、2015年12月には100種類以上の生薬を科学的に検証し、生薬のバランスを強化した「ユンケル黄帝液プレミアム」を発売しました。


遺伝子・タンパク解析技術を用いより質の高い科学的エビデンスを取得

 近年、遺伝子・タンパク解析研究の重要性が高まるなか、佐藤製薬では培養細胞を用いたスクリーニングなど、分子生物学や遺伝子技術を駆使した研究を行っています。また、主力製品である「ユンケル」や「アセス」などに関しても、その薬効を遺伝子・タンパクレベルで網羅的に解析し、より質の高い科学的エビデンスの取得にも力を入れています。