会社情報


海外事業

佐藤製薬の海外事業は、成長著しいアジア地域を中心に、北米・欧州にまたがる7拠点(台湾、香港、シンガポール、中国、米国、カナダ、ドイツ)で展開しています。各拠点で現地に密着したマーケティングと販売活動を行い、地域ごとのニーズに対応しています。

世界7拠点を基盤にサトウブランドを育成・普及

 米国、香港、シンガポール、台湾、カナダに現地法人を開設し、中国、ドイツを加えた7拠点を基盤に、きめ細かなマーケティングと地域に密着した販売活動を行っています。
 今後も、長年にわたり培ってきたノウハウやネットワークを積極的に活用しながら、国や地域ごとで異なるライフスタイルやニーズに対応したサトウブランドの育成・普及に努めていきます。

経済成長著しいアジアを中心に北米、欧州で販売活動を展開

アジア地域
 アジアでは「ユンケル」や「ハクビ」、「ナザール」「ポリベビー」が主力ブランドとして大きく成長しています。
 シンガポールで2007年に発売した「ハクビ」ブランドは、ラインナップの拡充を推進し、現在、ドラッグストアチェーンやローカル薬局を中心に、化粧品専門店やデパートでの展開にも力を入れています。
 香港では「ハクビ」に加えて「ナザール」ブランドも好調な販売を続けており、2011年よりエイジングケア化粧品「エクセルーラ」の発売も開始しています。
 タイ、マレーシア、インドネシアなどの経済成長著しいASEAN市場では、「ハクビ」ブランドを販売。現在、ベトナム、フィリピンでも販路を拡大しています。
 また、中国においては上海を拠点に、巨大マーケットの開拓に取り組んでおり、今後はEコマースなど効率的な販路も視野に入れた、販売体制の構築を進めていきます。

北米・欧州地域
 米国では、2009年より携帯に便利なフィルムタイプの乗り物酔い薬「Zentrip」の販売を開始。現在、新剤形製品を全米ナショナルチェーンにOEM供給を行うなど、積極的な販路拡大を進めています。
 また、「ユンケル」ブランドはハワイを含む米国、カナダで展開しており、冷蔵ストッカーを活用した多面展開で販売促進し、店頭パブリシティーを向上させています。ハワイでは、ヨガやマラソンなどローカルなモチーフを活用したCMを放映し、ナチュラルでアクティブな栄養ドリンクであることをアピール。また、長年ホノルルマラソンなどのスポンサーとしても活動しています。
 ドイツでは、「ユンケル」をメインブランドとして販売し、今後もラインナップの拡充とブランド構築を目指します。また、世界各国で販売されているグローバルブランドとして、ドイツ・メルクKGaA社のサプリメント「バイオン3」や、バイエル薬品の解熱鎮痛剤「バイエルアスピリン」などの製品導入についても積極的に行っています。