ニュースリリース

平成20年5月

「Kenzen Medicated COOL Pads」と
「Kenzen Medicated HOT Pads」の販売開始について

 佐藤製薬(社長:佐藤誠一)では、外用消炎貼付剤Kenzen Medicated COOL PadsとKenzen Medicated HOT Pads(何れも貼付剤5枚入り)を、5月1日よりカナダ国内で発売致します。

 COOL Padsはユーカリオイルを配合した冷感タイプの貼付剤で、ユーカリオイルに含まれるシオネールが筋肉痛や打撲の痛みを和らげます。また、HOT Padsはトウガラシエキスを配合した温感タイプの貼付剤で、トウガラシエキスに含まれるカプサイシンが血行を良くし、筋肉のこりや痛みを和らげます。

 ブランド名のKenzenは日本語の「健全」に由来し、外用消炎貼付剤の分野では世界的に評価の高い日本製であることをカナダの消費者の皆様が容易に認知できるように、そして何よりもカナダの消費者の皆様の健康を願いKenzenと命名致しました。

 カナダでも、既に多くの外用消炎鎮痛剤が販売されておりますが、その80%以上が塗布薬で、Kenzenのような貼付薬は20%にも満たない状況です。その中で、最新の経皮吸収機能とユーカリオイルやトウガラシエキスなどの生薬成分を組み合せた製品はカナダでも大変珍しく、身体に優しく安全な外用消炎貼付剤としてカナダでの販売拡大が期待されております。

 当初の計画ではカナダ西海岸の大手ドラッグ・チェーンであるロンドン・ドラッグス(London Drugs)で販売を開始し、続いてファーマ・セイブ(Pharmasave)、ゼラーズ(Zellers)などのドラック・チェーンでも順次販売を開始する予定で、3年後にはカナダ東部も含め、3百万ドルの売上を見込んでおります。

 尚、Kenzenの輸入販売は、佐藤製薬の現地法人であるカナダ佐藤製薬(Sato Pharmaceutical Canada, Inc.)が行います。カナダ佐藤製薬は2006年5月にブリティッシュ・コロンビア州に設立された佐藤製薬の100%子会社で、佐藤製薬のトップブランドであるユンケル黄帝液の輸入販売を既に2007年7月から行っております。

 カナダの医薬品市場全体の規模は世界第8位と米国(1位)や日本(2位)には及びませんが、この内OTCの市場規模は既に40億ドルを越えており、OTC市場の中でも特にビタミンやサプリメント及び消炎鎮痛剤の分野は年2桁の成長が続いております。しかし一方で、品質や安全性に問題のある製品も数多く流通しており、品質と安全性では定評のあるジャパン・ブランドの需要は今後益々増加するものと予想されます。従って、当社の旗艦商品であるユンケル、そしてこれに続くKenzenをはじめ、安全で信頼できる佐藤のOTC商品群を順次投入して、OTC分野におけるジャパン・ブランドの確立に努めて参ります。