ニュースリリース

平成27年2月

イブプロフェン1回1錠200mgを1日3回まで服用できる解熱鎮痛薬
長く続く痛みや痛みがいつもよりつらいと感じるときに
『リングルアイビー錠α200』(要指導医薬品)新発売

 佐藤製薬株式会社(社長:佐藤誠一)では、頭痛・生理痛に速くよく効く、「リングルアイビーシリーズ」より、OTC医薬品最大量1回イブプロフェン200mgを1日3回まで服用できる『リングルアイビー錠α200』(要指導医薬品)を2月12日より、全国の薬局・薬店、ドラッグストアで新発売いたします。

 イブプロフェンを配合した解熱鎮痛薬には、イブプロフェン1回服用量150mg(1日最大服用回数3回)と、1回服用量200mg(1日最大服用回数2回)などがあります。
 『リングルアイビー錠α200』は、1回服用量200mgを4時間おきに1日3回(1日最大量600mg)まで増やすことのできる解熱鎮痛薬です。1日最大服用回数2回に比べ、服用間隔が短く、回数も多く服用できるため、急な発熱や生理痛が比較的長く続くとき、痛みがいつもよりつらいと感じるときなどにおすすめです。
 また、イブプロフェン1回量200mgの解熱鎮痛薬で唯一の1回1錠タイプ。女性や高齢者に飲みやすい小粒の錠剤で、ナノコート化されたイブプロフェンが素早く溶けて速くよく効きます。眠くなる成分が入っていないので、仕事中や運転される方にも服用いただけるのが特長です。

 「リングルアイビーシリーズ」は、従来から販売している1カプセルにイブプロフェンを150mg配合した『リングルアイビー』や、1カプセルまたは1錠にイブプロフェンを200mg配合した『リングルアイビー200』、『リングルアイビー錠200』に、『リングルアイビー錠α200』が加わり、ラインナップが充実いたしました。今回の『リングルアイビー錠α200』の発売を通じ、痛みの種類やシーンなど生活者のニーズに合わせて、適切な製品を選んでいただけます。
 今後は、店舗での情報提供のためのツールや薬剤師向けの説明会の実施など、適正使用のための支援を充実させ、イブプロフェン1日最大量600mg配合を訴求したシールやPOPなどの販促ツールを活用し、店頭展開を中心に販売促進を行ってまいります。

製品名 リングルアイビー錠α200(要指導医薬品)
製品特長
  • OTC医薬品最大量1回イブプロフェン200mgを1日3回まで服用できます。
  • イブプロフェン1回量200mgの解熱鎮痛剤で唯一の1回1錠タイプです。
  • 小粒の錠剤で飲みやすく、すばやく効き目を発揮します。
  • 眠くなる成分が入っていないので、仕事中や運転される方にもおすすめです。
発売年月日 2015年2月12日
成分・分量
1錠中
イブプロフェン200mg
効能
  • 頭痛・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・耳痛・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・月経痛(生理痛)・外傷痛の鎮痛
  • 悪寒・発熱時の解熱
用法・用量 症状があらわれたとき、成人(15歳以上)1回1錠、1日2回までとして、なるべく空腹時をさけて服用します。(ただし、再度症状があらわれた場合には3回目を服用できます。)服用間隔は4時間以上おいてください。
15歳未満は服用しないでください。
税抜き価格 12錠 952円