HOME > 鼻づまりの原因

鼻の構造

鼻には、においを感じるだけでなく、呼吸によって取り入れる空気の温度や湿度を調節したり、細菌などの侵入を防ぐフィルターとしてのはたらきがあります。

鼻腔

鼻の内側の空間を鼻腔といいます。
鼻腔には、鼻甲介というヒダ状に突出している部分があり、表面積を大きくしています。
空気は、この鼻甲介間の通り道(上鼻道、中鼻道、下鼻道)を通って体の中に取り入れられます。鼻甲介の表面は血管が密集した粘膜で覆われていて、常に粘液(鼻水)が分泌されています。この粘膜に被われた鼻甲介間を通る間に、空気を温め、加湿し、空気中のゴミや細菌を取り除いて、温かくきれいな空気を肺に送ることができます。

副鼻腔

副鼻腔は鼻腔の周囲にある空洞で、その大きさや形はさまざまです。
2つの前頭洞は左右のまゆのすぐ上、2つの上顎洞はほお骨の中にあります。
副鼻腔も鼻腔と同様に、粘膜で覆われていて、入ってきたほこりや微生物を除去します。