ニュースリリース

平成31年4月

デリケートな部分のかゆみ・かぶれにアプローチする医薬品
『エンペキュア™』新発売

 佐藤製薬株式会社(本社:東京都港区、社長:【佐藤誠一】)では、多くの女性が悩んでいるデリケートエリアのかゆみ・かぶれを鎮める『エンペキュア™
(第2類医薬品)』を2019年4月3日(水)より新発売いたします。なお、『エンペキュア™』は、バイエル薬品株式会社が製造販売承認を保有いたします。

サトウ烏龍茶_画像

 『エンペキュア™』は、かゆみを素早く抑える「ジフェンヒドラミン」と「リドカイン」、かぶれた患部の血行・炎症を改善する「グリチルレチン酸」と「トコフェロール酢酸エステル」、雑菌の繁殖を抑える「イソプロピルメチルフェノール」の5つの有効成分を配合し、デリケートな部分のかゆみ・かぶれに効果を現します。
 また、『エンペキュア™』は、使用感に対する生活者のニーズに応えるため、なじみやすくべたつかず、かつ、白残りしないように基剤を工夫し、デリケートな部分にも塗りやすい快適な使い心地を目指しました。

 バイエル薬品株式会社の調査では、5割以上の女性が1年以内にデリケートエリアのかゆみなどに悩まされていると回答。原因別には生理用品や下着擦れ、汗・ムレによるかゆみ、かぶれが多く、女性は日常生活の中でデリケートエリアが刺激にさらされやすい状況下にあると考えられます。

 当社は、2011年から販売している腟カンジダ再発治療薬「エンペシドL」シリーズの製品ラインアップに、『エンペキュア™』を加えることで、包括的なデリケートエリアの疾患啓発を行い、デリケートエリアに悩みを抱える女性のQOL向上に努め、ひとりでも多くの女性が自信を持って毎日を過ごせるように応援してまいります。

製品概要

製品名 エンペキュア™(第2類医薬品)

NEW

製品特長
  • 5つの有効成分で、かゆみ・かぶれにアプローチします。
  • デリケートな部分にも塗りやすいクリーム剤。
成分・分量
(100g中)
ジフェンヒドラミン
1.0g
リドカイン
2.0g
グリチルレチン酸
0.5g
トコフェロール酢酸エステル
0.5g
イソプロピルメチルフェノール
0.1g

添加物として、ポリソルベート60、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油60、ミリスチン酸オクチルドデシル、イソステアリン酸、ステアリルアルコール、中鎖脂肪酸トリグリセリド、1,3-ブチレングリコール、カルボキシビニルポリマー、エデト酸ナトリウム水和物、パラオキシ安息香酸メチルを含有します。

効能・効果 かゆみ、かぶれ、湿疹、皮膚炎、じんましん、あせも、ただれ、虫さされ、しもやけ
※カンジダ症、トリコモナス症等の原因によるかゆみは本剤では治療できません。
用法・用量 1日数回、適量を患部に塗布してください
税抜き価格 20g 1,400円
発売年月日 2019年4月3日(水)

関連製品 腟カンジダの再発治療薬

エンペシド®L(第1類医薬品)
®:ドイツ・バイエル社登録商標

製品名 エンペシド®L(第1類医薬品)
成分・分量
1錠中 クロトリマゾール
100mg
効能 腟カンジダの再発
(過去に医師の診断・治療を受けた方に限る)
用法・用量 成人(15歳以上60歳未満)1日1回(できれば就寝前)、1錠を腟深部に挿入する。6日間毎日続けて使用すること。
ただし、3日間使用しても症状の改善がみられないか、6日間使用しても症状が消失しない場合は医師の診療を受けること。
税抜き価格 6錠 2,800円

関連製品 腟カンジダの再発による外陰部症状の治療薬

エンペシド®Lクリーム(要指導医薬品)
®:ドイツ・バイエル社登録商標
発売元:佐藤製薬株式会社
製造販売元(輸入):バイエル薬品株式会社

製品名 エンペシド®Lクリーム(要指導医薬品)
成分・分量
100g中 クロトリマゾール
1g
効能 腟カンジダの再発による、発疹を伴う外陰部のかゆみ(過去に医師の診断・治療を受けた方に限る)
ただし、腟症状(おりもの、熱感等)を伴う場合は、必ず腟剤(腟に挿入する薬)を併用すること。
用法・用量 成人(15歳以上60歳未満)1日2〜3回適量を患部に塗布する。
ただし、3日間使用しても症状の改善がみられないか、6日間使用しても症状が消失しない場合は医師の診療を受けること。
① 外陰部症状のみの場合:
本剤を使用すること。
ただし、腟剤(腟に挿入する薬)を併用することが望ましい。
② 腟症状(おりもの、熱感等)を伴う場合:
腟剤(腟に挿入する薬)を併用すること。
税抜き価格 10g 1,780円