爪水虫で市販薬を使っているが・・・

監修・写真提供: 埼玉医科大学 皮膚科 教授 常深 祐一郎 先生

TOP > 治療中の悩み > 爪水虫で市販薬を使っているが・・・

爪水虫(つめみずむし)を治すために、薬局などで販売されている市販薬(OTC医薬品)を使っているけれど、なかなか治らない、 という悩みを抱えていませんか?
市販薬で「爪水虫」に対して効能・効果が認められているものはありません(2021年7月時点)。また、爪水虫に似ている爪の病気はたくさんあり、見た目だけでは間違えてしまう可能性があります。正しい治療をするためにも、まずは医療機関(皮膚科)を受診して検査を受けることが大切です。

これってホントに爪水虫?

爪水虫に似ている病気はたくさんあるので、医療機関(皮膚科)を受診し検査をうけましょう。

爪水虫を見た目だけで診断することは、爪水虫の治療経験を積んだ皮膚科の医師でも難しいという報告があります1)。爪水虫の治療を始めるためには、まずは医療機関(皮膚科)で検査を受け、爪水虫の診断をしてもらうことが大切です。

爪水虫に似ている病気の例

爪乾癬写真爪乾癬
(つめかんせん)

爪扁平苔癬写真爪扁平苔癬
(つめへんぺいたいせん)

厚硬爪甲写真厚硬爪甲
(こうこうそうこう)

爪甲鉤彎症写真爪甲鉤彎症
(そうこうこうわんしょう)

薬局などで買える市販薬や、お薬を使わない方法では治らないの?

爪水虫に対して効能・効果が認められている市販薬はありません(2021年7月時点)。
お薬を使わない民間療法も、効果は不明です。

市販されている水虫の薬は、「足水虫(あしみずむし)」や体の水虫である「体部白癬(たいぶはくせん:いわゆる、たむし)」を治すお薬です。足の皮膚にいる白癬菌(はくせんきん:いわゆる水虫菌)にはお薬の有効成分が届きますが、爪の奥深くにいる白癬菌まで有効成分を届けることは難しいとされています。また、インターネットなどで調べるとさまざまな爪水虫の民間療法がありますが、これらは医療機関で処方されるお薬(処方薬)と違い、白癬菌に対して殺菌作用が確認されたものはないため、効果は不明です。また、民間療法は効果が不明なだけでなく、逆に症状を悪化させる、周囲の皮膚が炎症を起こすなど、良くない影響がでてしまうことがあります2)。爪水虫を治すためには、医療機関(皮膚科)を受診して、適切な治療を行うことが大切です。

市販薬を使っても見た目が変わらないときは、どうしたらいいの?

早めに医療機関(皮膚科)を受診して検査をし、適切な治療を始めましょう。

爪水虫に対して効能・効果が認められている市販薬はありません(2021年7月時点)。爪水虫は進行していく病気なので、適切な治療をしないままでいると、さらに症状が悪化したり、他の爪にも症状が現れたりします。また、爪の変色や変形は、爪水虫とは限りません。早めに医療機関(皮膚科)を受診して検査をし、適切な治療をしましょう。

医療機関(皮膚科)を受診 イラスト

  • 1) Tsunemi Y, et al. J Dermatol. 42(2); 221-222, 2015.
  • 2) 渡辺 晋一, 宮地 良樹 編. 皮膚科診療最前線シリーズ 水虫最前線, p159,279, メディカルレビュー社. 2007.
  • 爪水虫の治療中だけど・・・治療に疑問や不安がある
  • 通院をやめるか悩んでいる