会社情報

事業領域

Business Area

「ヘルスケア イノベーションの推進」を企業理念とし、人々の健康をサポートします。

身近な薬局・薬店、ドラッグストアから人々の健康を支える「ヘルスケア事業」。
皮膚科領域を中心に独自性の高い製品を提供する「医療用医薬品事業」。
佐藤製薬はこの二大事業を柱に、「ヘルスケア イノベーション」を推進し、安全で高品質な製品をお届けしています。

ヘルスケア事業

ヘルスケア事業は、「ヘルスケア イノベーションの推進」に努める佐藤製薬の主力事業です。OTC医薬品を中心に医薬部外品、特定保健用食品、機能性表示食品、化粧品など約300品目の製品により、ヘルスケアにかかわる幅広い領域をカバーしています。特に、ユンケル、アセス、ストナ、リングルアイビーなどの主力ブランドは、信頼される製品として生活者に長く愛されています。

詳しくはこちら

医療用医薬品事業

患者さんに少しでも快適に治療や検査を受けてほしいという想いを胸に、佐藤製薬では皮膚科領域を中心とした製品ラインアップの拡充に取り組んでいます。国内外の企業や大学、研究機関との連携強化を図り、医療現場のニーズに確かな技術と製品で応えていきます。

詳しくはこちら

セルフメディケーション

佐藤製薬では、セルフメディケーションの推進に向け、講演会や啓発活動、調査研究などの助成事業により、生活者の健康を支える環境づくりにも注力しています。中でも佐藤製薬名誉会長・佐藤進の寄付によって設立された公益財団法人「一般用医薬品セルフメディケーション振興財団(OSPF)」は、講演会や啓発活動などを通してセルフケアの進展に貢献しています。

詳しくはこちら

海外事業

佐藤製薬の海外事業は、成長著しいアジア地域を中心に、北米・欧州にまたがる6拠点(台湾、香港、シンガポール、中国、米国、ドイツ)で展開しています。各拠点で現地に密着したマーケティングと販売活動を行い、地域ごとのニーズに対応しています。

詳しくはこちら